教育ローンの比較とやさしい解説

子供の教育費のやりくり

子供の教育費はどんな方にとっても頭の痛い問題かもしれません。

それもそのはずで、子供が幼稚園から高校まで通ったときの教育費が全部国公立の場合でも600万円程度。

そして全てが私立の場合は何と1700万円近く掛かるというデータもあります。

幼稚園から高校卒業まで14、5年かかるとしても決してこの金額は少ないものではないでしょう。

さらに大学にかかる費用も考えてみると、4年生の国公立の大学の場合は4年で300万円程度。

そして私立の場合は600万円程度掛かることになります。

つまり子供が全ての過程で私立に通ったとすると、平均でも最大2300万円掛かるということになります。

このような金額が掛かるものですので、いくら可愛い子供の為とはいえ、考えただけでちょっと頭が痛くなってしまうということも当然のことかもしれません。

教育ローンを考えてみよう!

そんなちょっと頭の痛くなってしまう教育ローンですが、そんな悩みを解消するために一つ考慮にいれてみたいのが国の機関や金融機関が提供している教育ローンです。

この教育ローンとはその名の通り、子供にかかる教育費の一部をローンで借り入れ、なるべく子供がいる家庭の経済的負担を軽くしようというものです。

教育はもちろん国が推奨するものでもありますので、当然その金利は普通のローンと比べると非常に低くなっています。

今の貯蓄から教育費をひねり出すのは難しい、だけどローンとして月々の分割にすることでその負担が軽くなるという方にとってはこの教育ローンは非常に便利なものとなるでしょう。

機関によって金利の違うこの金利ローン。

どこが自分にとって一番良いのか。

またどうのように申し込みをすれば良いのかやその申し込みのときの審査などについても簡単に分かりやすく説明しています。