第3の国の教育ローン

年金教育貸付

郵便局、国民金融公庫と続き、もう一つの国の教育ローンが「年金教育貸付」です。

この年金教育貸付は「独立行政法人 福祉医療機構」、もしくは各市町村の年金福祉協会で申し込むことができます。

年金教育貸付はその他の国の教育ローンと大筋は同じとなりますが、申し込みの資格として国民年金の場合は10年間しっかりと保険料を納付しているということ。

そして厚生年金の場合は10年間加入をしているということが条件となります。

また他の国の教育ローンとは違い、融資限度額は低めに設定しており、

国民年金加入者の場合は学生一人につき50万円まで。
厚生年金加入者の場合は学生一人につき100万円までとなっています。

この年金教育貸付も国民金融公庫の教育ローンと同様に、保護者の年収が990万以下、事業所得の場合は770万以下が申し込みの条件となっており、そのことを証明するための書類として源泉徴収票などを用意しなければなりません。

その他にも金利の面を見てもやはりその他の金融機関と比べると国の教育ローンということもあり、低く設定してありますので、この年金の条件が揃っているのであれば、是非この年金貸付も今日言うローンの候補の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。