郵便局の教育ローン

郵便局の教育ローン

国の発行する教育ローンは3つありますが、その一つが郵便局で申し込むことのできる郵貯貸付です。

ちなみにこの郵貯貸付は普通郵便局、もしくはゆうちょ銀行だけで取り扱っており、簡易郵便局では申し込むことはできません。

また他の金融機関とは違い、普通に申し込むだけでこの郵貯貸付は利用できるというものでもありません。

この郵便局での教育ローンを利用するには、事前に「教育積立郵便貯金」として毎月一定の金額を積み立てしておく必要があり、最低でも1年間この積み立てを毎月5千円単位で1万円以上貯金をしていかなければなりません。

簡単に言ってしまうと、郵貯で教育ローン用の貯金をしなければ郵便局の教育ローンは利用することができないということです。

もしこの積み立てが200万円あれば、融資の上限額も200万円となり、積み立てした額が100万円の場合はその上限は100万円となります。

このような条件はありますが、国の教育ローンということもあり、金利は比較的低くなっており、年利で2.5%程度が一つの目安となっています。

また固定金利であるため、融資を受けたときの金利が返済終了まで続くこととなりますので、返済のプラン非常にたてやすいものとされていますのでやはり安心して利用できるものだとも言えるのかもしれません。

もしこの郵便局の融資額が不足していたとしても、国民生活金融公庫などの他の国の教育ローンも同時に利用することもできます。

郵便局の教育ローンを利用するには1人の連帯保証人、もしくは財団法人教育資金融資保証基金の保証が必要となりますが、積立金があるということからも多少他の金融機関よりもその審査は厳しくないという特徴もあります。