返済の方法はどうやって?

返済の方法はどうやって?

ローンを組む上で一番考えたくないことがその返済についてかもしれません。

しかし当然そんなこと言っていられる訳もなく、何があってもまずはこのローンの返済を第一に考えなければなりません。

世の中にある様々なローンにはこれも様々な返済方法がありますが、教育ローンに関してはその返済方法は一般的に「元利均等返済方式」や「元金均等返済方式」というものが使用されているところが多くなっています。

この「元利均等返済方式」や「元金均等返済方式」についてちょっと詳しく見ていきましょう。


【元利均等返済方式】

元利均等返済方式とは常に自分が毎月支払うローンの金額が一定となる方式のことを言います。

世間で金利が変動したとしても毎月の返済額は変わりませんので、一番単純でプランもたてやすい方式と言えるでしょう。

しかしボーナス時期に毎月の返済額以上のものを支払うなどして元本自体を減らすことも可能ですが、返済の初めの頃にはほとんどが利子の返済に充てられ、ローンの方式では元本を中々減らすことができないというデメリットもあるものでもあります。

【元金均等返済方式】

この元金均等返済方式は毎月の返済額が一定になると言う点では上記のものと同じになりますが、違いとしては元本を返済期間の月数で割ったものに利子を上乗せして返済を行ってくというものになります。

そのため毎月順調にローンの返済残高は減っていき、他の方式と比べても最終的な利子の支払額は低くなります。

しかしその分、返済初めの負担が大きくなりそれがきついと感じる方も多いかもしれません。


これら二つの返済方法はどちらかが優れているというものではありません。

金融機関などで自分の財政状況、そして自分の得となるものをしっかりと相談して決めることができれば良いでしょう。