奨学金をまずは考えよう

奨学金をまずは考えよう

教育ローンも普通の金融機関のローンに比べると非常に金利は安くなっているのですが、その教育ローンよりも金利が安くなっているのが各団体から発行される奨学金です。

奨学金と言うと「学業や部活動などで非常に優秀な成績を残しているもの。」にだけ許されたものというイメージを持っている方も多いかもしれませんが、実際にはこれは半分当たっており、半分は間違っています。

というのも日本の奨学金には2つのタイプがあって、片方は前述したような優秀な学生にだけ認められたもの。
そして実はそこまで優秀な成績を残していなくても申し込みができる2つのタイプのものがあります。

実は奨学金はものによっては誰でも申し込めるものも中にはあり、現在では非常に多くの方がこの奨学金を利用しています。

しかしここで注意しておかなければならないことが、日本の奨学金のほとんどは卒業した後に必ず返済をしなければならないということです。

もちろん返済しなくても良い奨学金もあるにはあるのですが、これは先程言った「優秀な学生」にだけ資格があるものです。

そして申込者の成績や家庭の財政状況によって返済しなければならないものの中でも、「利子つきのもの」と「利子が必要ないもの」に分けられます。

利子がついて返済もしなければならないのであれば、金融機関が発行する教育ローンと同じという印象も受けますが、それでも教育ローンの金利に比べると奨学金の金利は非常に安くなっています。

子供の学費のために融資を受けたいと考えた場合、こういった理由からまずは奨学金を申し込むことができるかどうかを調べてみることをおすすめします。